体重の減りが鈍い!ダイエットを加速させる対策【体験記11週目】

ダイエット

体重の減りが鈍くなってきました。

皮下脂肪が前よりも減ってるので、体重が減りにくくなるのは当然なんですけどね。

ついに来たか・・!という感じです。


本当ならゆっくりと皮下脂肪を削って行きたいところですが、僕の場合、数値目標を掲げてます。

トータル3ヶ月で15kg減量!

これだけは何としても達成したいんです。今からだと8月残り3週間で約3kgの減量です。


皮下脂肪がたっぷりあった2ヶ月前ならヌルイ目標なんですが、今はその皮下脂肪が少ない!しかも期間がそれほど残されていない!!これはヤバイ!!!


というわけで、今回は現状の分析と、目標をクリアするための対策について考えて行きたいと思います。


スポンサーリンク

【体重】体重が減らない…またまた停滞期突入!

この停滞グラフはもう見慣れました。今まで何度も似たような体重の変化をたどってきてます。

先週の土曜日から今週の金曜日まで、ほとんど体重が変わってないので、ちょうど1週間の停滞ですね。

週末にちゃんと体重が落ちてくれたのが救いです。


体重がストンと落ちるときは決まって身体から水分が抜けて行きます。

たいていはジョギングのときの発汗や寝汗ですね。水風船を針で突っついたようにドバッと抜けることもあります。


【食事】休日の甘いもの解禁は止めた方が良いかも

毎週1回だけ甘いものを解禁してます。

上の写真は今週食べた「とろ生ケーキクリーミーチーズ」。カロリーは320kcal!

いわゆるチートデイ的な感じで食べてるんですが、体重の減りが鈍いと食べる気が失せます。

甘いものは大好きです。食べたいという気持ちはめちゃ強いです。これがあるから今まで食事制限を頑張ってこれたと言っても過言ではありません。

でもそれ以上に体重を落としたいという思いが強くなってます。

食べるのが正解なのか不正解なのかよく分かりませんが、現状を変えるためには変化を求めるべきです。

この楽しみは手放します。


【運動】ジョギングの距離と体重の減り具合の相関関係をグラフにしてみた!

最近気になってるのはジョギングの距離が短くなってること。

仕事で帰りが遅いので、先週は5kmくらいしか走ってなかったんです。少しでも長く睡眠時間をとりたいですからね。


でもこれがマズかったのかも・・?


そう思ってジョギングの距離と体重の減り具合のグラフを重ねて見てみたら、明らかに相関関係があることが分かりました。

上のグラフをご覧いただければわかるとおり、ジョギングの距離が伸びてるところと、体重の減りが大きいところ、グラフが山になってるところが一致したんです。


これはもうジョギングの距離をもとに戻すしかないですね。

目標をクリアするまで、最低8kmは走り続けようと思います。


下の表は今週の運動の記録です。水色になってるところはジムでのトレーニング。

帰りが遅かった日、または体調が良くなかった日はジョギングの距離が短くなってます。


今まではジョギングの距離を特に決めずに走ってました。調子が良ければ長めに走るし、調子が悪ければさっさと切り上げる。そういうスタイルです。やっぱり気持ちよく走りたいですからね。

でも、今後はジョギングの距離の最低ラインを8kmに固定します。


【まとめ】短期目標クリアのための対策

今回立てた短期目標クリアのための対策は以下の通り。

  • 糖質は玄米のみ
  • ジョギングの距離は最低8km
  • ジムに行く日もジョギングは欠かさない

ツイッターでも宣言しました。


さて、これが吉と出るか凶と出るか、実践あるのみです。


ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

来週も良い結果が出せるように頑張ります!

結果はまた体験記でご報告しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました