毎日ジョギングをするとダメな理由【初心者向けに徹底解説!】

運動

毎日ジョギングをするとダメって聞くけど何で?

理由は2つあります。

①疲労がたまって故障しやすくなる

②トレーニング効果が十分に得られない

しかしこれには異論があります。

①については疲労がたまるような走り方をしていなければOKです。例えば私たちは毎日歩いてますが、別にそれが原因で故障したりはしませんよね?むしろ全く歩かない方が健康に悪いです。

②については、走力を上げたいと思っていなければ問題にならないでしょう。

こう考えると、何を目的にどんな走り方をしているかによって答えが変わってきますよね。

この記事では、それぞれのケースについて詳しく解説して行きます。

この記事を最後まで読むと、ご自身の目的に合った走り方がみつかりますよ!

毎日ジョギングするのがダメな場合

では、冒頭の①と②に沿って考えてみましょう。

①疲労がたまって故障しやすくなる

翌日に疲れが抜けていないようなジョギングを毎日続けると、故障するリスクがあります。例えば身体が重いとか、脚の筋肉が張ってるとか、そういう肉体的な自覚症状ですね。

特に注意が必要なのは身体の「痛み」です。無理をするとどこかしらが痛くなるもの。

その中でも看過出来ないのは、

  • 踵(かかと)の痛み
  • 足の裏の筋の痛み
  • 腰の痛み
  • アキレス腱の痛み
  • 脛(すね)の痛み
  • 足の親指の関節の痛み

こういったところでしょう。これらは無理して走り続けると悪くなる一方ですので、湿布を貼って安静にする必要があります。毎日ジョギングするのはもちろんNGです。

疲労は知らず知らずの内に蓄積されて行きます。身体に高い負荷をかけている自覚があるなら、特に自覚症状がなくても1週間に1回はOFFの日を作ることをおすすめします

②トレーニング効果が十分に得られない

十分なトレーニング効果を得るためには、

  • 運動
  • 休養
  • 栄養

この3つをセットで考える必要があります。どれが欠けても十分なトレーニング効果は得られません。トレーニング効果が得られるしくみは、

運動=筋肉に負荷をかけて筋繊維を破壊

休養=壊れた筋繊維を修復⇒「超回復」

栄養=修復するための材料(たんぱく質)を摂取

こんな感じになります。

「超回復」というのは、壊れた筋繊維が修復されると以前より太く発達する現象のことを言います。

例えば筋トレを頑張ると翌日には筋肉痛になると思います。これは筋繊維が一部壊れているのが原因です。でも何日かすると壊れた筋繊維が修復されますので、痛みが無くなります。これを繰り返すことによって筋肉が太くなって行くわけです。

筋繊維を修復するためには2〜3日かかると言われています。時間にして48〜72時間。修復に必要な時間は、どのくらいハードなトレーニングをするかによって変わってきます。例えばボディビルダーは毎日違う箇所をトレーニングし、同じ箇所をトレーニングするまでに1週間空ける場合が多いようです。

ジョギングにおいても同様でです。筋肉痛が取れないうちはじっくりと休養をとり、超回復を待ってからまた走るということを繰り返した方が、最短で脚の筋肉を発達させることが出来ます。

毎日ジョギングするのがOKの場合

次に冒頭の①と②の反例です。

①疲労がたまる走り方をしていない

ジョギングを始めて間もないうちは、どんなにゆっくりジョギングしても疲労がたまると思いますが、ウォーキングメインでジョギングは少しだけなど、疲れを抜く日を作ると毎日続けやすいでしょう。

すぐに脚が疲れてしまう場合はウォーキングメインでやってみて、少しずつジョギングの距離を伸ばすようにすると良いです。

大切なのは疲れをためないことです。

慣れてくると軽くジョギングしたくらいでは、なかなか疲労が蓄積されません。きちんと栄養を摂って寝たらほぼ回復します。

毎日ジョギングをして常に身体の調子が絶好調という状態を作ることは可能です。

②トレーニング効果を求めていない

例えばダイエット目的でジョギングをする場合は、毎日やった方が効果が上がります。ダイエットで大切なのはどれだけカロリーを消費出来るかですので、トレーニング効果は問題になりません。極端な話、身体を痛めつけ続けても、カロリーさえ消費できれば良いわけです。

メンタルに自信のある方は、身体を壊さない程度にギリギリまで無理をすると、ダイエット効果を最大化することが出来ます。ただし、脚や腰を故障してしまうとジョギングどころではなくなってしまいます。

常に自分の身体に対するいたわりの気持ちを忘れないようにし、イヤな予感がしたら力をセーブするのがダイエットで無理をし続けるコツです。

ストレス解消を目的にジョギングしている場合も同様ですね。毎日ジョギングしていないとクサクサしますし、身体も何となく気持ち悪いと思います。身体を壊さないギリギリのラインを見極めつつ、気持ち良くジョギングをしてスッキリすると良いでしょう。

まとめ

毎日ジョギングをしても良いのかどうかは、何を目的にどんな走り方をしているかによります

例えば「2ヶ月で何が何でも10キロやせてやる!!!」と固い決意のもとに頑張りたいのであれば、楽しみすら度外視してストイックに無理をし続けるのもアリだと思います。自己責任ですし、それが将来の喜びにつながるわけですから。

他の例だと、例えば「今度のマラソン大会で前回よりもタイムを縮めたい!!!」と目標を持っている場合。この場合はトレーニング効果を最大化する必要がありますので、毎日ジョギングするのはNGです。

毎日ジョギングをするかどうかで迷ったときには、自分が何を目的にジョギングをしているのか再確認してみましょう


コメント

タイトルとURLをコピーしました